(井出さん(仮名)/57歳男性/栃木県在住/職業:新聞配達員)

突然の病気やケガをした時に、貯蓄の大切さを実感します。今まで怪我も病気もほとんどしたことがなかったわたしですが、病気になり入院をすることになりました。結婚もしていないし、早期退職をして新聞配達をして生計をたてていたのですが、入院をすることになっても誰にも頼ることが出来ない状態でした。症状があまりよくないので手術をすることになりました。手術をして良くなることを望んでいましたが、貯金がなかったので費用をどこから工面しようか悩みました。かろうじて救いは生命保険に加入していたので手続きをすることを考えましたが、退院する時に支払いが出来ないので困りました。どうしようか迷いましたが、入院前にキャッシングで借り入れをしてお金を準備して入院手術をうけました。それで安心して治療を受けることができました。退院の時に、全額支払いをすることができました。その後保険での手続きをして、お金を受け取ることができました。こういう時に一人でいる事の寂しさを実感しました。そして、貯金の大切さを実感しました。キャッシングで借入れたお金も全額返済をすることができたので、今は安心しています。体の調子もだいぶ良くなり、仕事にも復帰することができるまでに回復しました。キャッシングは今回始めて利用しましたが、土日もかりいれをすることができて、24時間受付をしているので今回のようなピンチの時と返済の見込みがある時に利用するのはとても便利だなと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *