(岡田さん(仮名)/48歳男性/富山県在住/職業:経営コンサルタント)

子供を私立に入れたくて、今あるお金では入学金が支払う事が出来ない状況で、消費者金融業者にキャッシングをお願いしました。ご利用可能額などを審査されて、年収に応じて決められてなんとか私立の入学金を支払う事が出来ました。

しかしキャッシングを利用したのですから、利息の支払と毎月の元本の返済が待っています。私も出来るだけ安い金利の所を選んでキャッシングを行ったので多少は利息も安く組めました。

毎月の返済の事となりますので、出来るだけまとまったお金が入れば、その分は率先して返済に充てたいとは考えています。ボーナスなどは特に使い道が無ければ、消費者金融業者に返済する事にします。

こうやってキャッシングをした分に関して出来るだけ早めの返済を行えば、利息を取られる分に関しては多少は軽減する事が出来る様です。私も消費者金融業者へのキャッシング自体は初めてなのですが、ご利用可能額での返済をしっかりと行い、再びご利用可能額を借り入れしない様にしなければいけません。

毎月少しずつの返済を進めているお陰で、元本も順調に減ってきています。この調子でどんどん減っていけば初めに立てた返済プランよりも早く返済が終わる可能性があります。返済プランを立ててもなかなか思い通り返済が出来ない方も多いと聞いています。

今後の返済も順調に減らす為に、家族で協力して早く終わらせるように努力しています。出来るだけ利息の負担を減らす事を一番に考えています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *